自動車を売却する場合や、それから所有車の売却の際も印鑑証明というものが必要です。75-20-20

この印鑑証明というものについて解説しましょう。75-12-20

印鑑証明というのは、ある印鑑に対して、それが実印で間違いないことを裏付ける目的の書類です。75-15-20

これがなければ、使っている印鑑が実印として効力を持つということがわかりません。75-8-20

決して小さくない取引になる該当する車の売却ですから必然的に実印が必要になりますが、それと一緒に印鑑証明書が出てきます。75-10-20

この印鑑証明を実際に発行するには、はじめに印鑑証明しておかなければなりません。75-17-20

書類に登録する印鑑は通称、実印と呼ばれ同じものが二つとないはんこであることが必須です。75-4-20

実印を持って自分が住む市町村役場の担当部署へいけば印鑑登録の手続きができます。75-6-20

手続きが終わると印鑑登録カードを発行してもらえて登録したハンコは実印として認められたということになります。75-9-20

印鑑証明を交付してもらうためには役所へ行き印鑑登録証明書交付申請書に必要項目を書いて、印鑑登録カードを持参するだけでできます。75-13-20

さらに自動交付機でも印鑑証明を発行してもらうことができます。

印鑑証明そのものには期限切れなどはないのです。

ですので、どれだけ前の印鑑証明だとしても印鑑証明としての効力は続くことになります。

ただ、中古車買取時には効力のある印鑑証明は三ヶ月以内に発行されたものが有効とされています。

ほとんどの場合有効期限を気にする必要はないのですが自動車売却時には店側が必須となる有効期限を定めていますのでもし自動車の売却予定の車があるのであれば、あらかじめ用意しておく必要があります。